木と建築への旅〜高橋正勝のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS ビルケンシュトック〜新しい室内靴

<<   作成日時 : 2016/01/06 23:55   >>

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

 ドイツで240年以上の歴史を持つ「BIRKENSTOCK/ビルケンシュトック」は快適性を重視した老舗シューズブランドである。起源は1774年、教会の公文書に「臣王のシューマイスター」として登録されたヨハン・アダム・ビルケンシュトックの靴作りが歴史の始まりである。

 ヨハンの子孫でシューマイスターであるコンラッド・ビルケンシュトックが1896年にフランクフルトに2軒の靴専門店を開店し、フットベットの製造を始め、息子で整形外科医でもあったカールが仕事を手伝いフットベットの進化とその医学理論に基いた製作に大きく貢献している。特に、整形外科医であったカールが第一次世界大戦中の野戦病院での負傷兵に対応する為に従事し製作された整形外科靴の評価は高く、当時はまだ木製や金属製のフットベットが一般的な時代であったが、コルクとラバー製の革新的なブルーフットベットを開発した靴が医学的にも認められた事で大きな発展を遂げる事になる。

画像

1963年に最初の定番モデル「MADRID/マドリード」が誕生、以来「BOSTON/ボストン」「ARIZONA/アリゾナ」等の定番モデルが登場し多くの人々に支持され、生産性を高める為にコンピュータ制御の自動裁断機の導入や倉庫工場の建設等を進める事で世界的なブランドとなった。カールの影響かどうか?特に日本では医者や看護士等医療関連の支持者が多い。2004年にはイギリスの「Drapers Award」で「全ての年代、人種に適した時間と場所を選ばないデザイン」として「Best Shoe of the Year」を受賞している。クラフトマンシップと機能美は現代へと継承し今では70種類を超えるモデルを発表している。

新年を迎え気分を一新する為に購入した「BOSTON/ボストン」は1970年代に発売された定番モデルである。設計という仕事柄、長時間にわたりCADに向かって椅子に座り続けることが多いので、夏用のサンダル「ARIZONA」から冬用の室内靴として変えてみた。何とも言えない可愛らしい形の「BOSTON」は土踏まずの感覚がなかなか心地良く、仕事に集中出来そうな気がしている。

人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ビルケンシュトック〜新しい室内靴 木と建築への旅〜高橋正勝のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる