木と建築への旅〜高橋正勝のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 鉄筋コンクリート造の建築〜竣工

<<   作成日時 : 2016/08/16 23:55   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

鉄筋コンクリートの建築が竣工を迎えた。

企画から完成まで2年程を要してようやく完成を迎えた鉄筋コンクリート造の建築は1階に貸店舗、2階は親世帯、3・4階を子世帯の店舗併用共同住宅(二世帯住宅)である。東南角地の敷地は建蔽率を角地緩和、2以上の前面道路がある場合の道路斜線制限の緩和等を利用し敷地を最大限に活用して建築されている。

画像

計画途中でエレベーターの昇降路に対する基準法改正が施行され、除外される昇降路部分の面積を住居部分の面積に振分ける事が可能となった為、当初の計画より居住部分にゆとりのある大きさを少しながら確保する事ができた。日影図の検討から4階は南側に寄せて北側を勾配屋根とバルコニーとする事でクリアする。

画像

開口部を自由に確保する為に躯体はラーメン構造とし外周部の柱と梁で区割りされた壁は雑壁となり壁スリットが入る。1階東側開口部は上階の住居へのエントランスとなり左右に階段とエレベーター設置されている。エントランス部分には無垢の木材で壁を造り、ガラスブロックを嵌込み、木製の片引き戸を設置予定である。

画像

3階キッチンから完成間際に現場で製作したダイニングテーブルを置いた南側ダイニングとリビングを見る。リビング右手には収納棚、左手には少し大きめのニッチがあり、上部の吹抜けからサイド窓とトップライトから柔らかな光が差し込んでいる。正面三枚ガラス戸は左手に全て引込まれ、床がタイルのサンルームへと続く。

画像

三枚ガラス引戸を全て左手に引込むと大きなサッシから正面マンションの松林が借景として這入り込む。サンルームにもサッシ開口幅に合わせて造られた現場製作のトップライトから燦燦と日差しが差し込んで来る。ここには観葉植物を置き、室内ではあるが借景の緑と合わせた小さな屋上庭園的な場を造る計画である。

画像

リビング上部の北西側を見上げると45度振られた正方形のトップライトが見える。トップライト際に向かう柱は手摺と柱半分ズレを付けて立てられており、ズレにより柱と手摺の存在が見える様に施工している。3階収納棚上部と南面キャットウォークにはリビング吹抜照明の変化と遊び心として蛍光灯長管4本が転がされいる。

基準法上の建築は完了しており、問題なく検査済証等も取得済みである。建築のエントランスや車庫、収納部分の建具等を考えると完成度は95%であり、未完部分5%は住みながら少しずつ完成させる予定である。

人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
鉄筋コンクリート造の建築〜竣工 木と建築への旅〜高橋正勝のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる