木と建築への旅〜高橋正勝のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS カラヴァッジョ展〜国立西洋美術館

<<   作成日時 : 2017/01/22 23:55   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

昨年、国立西洋美術館で開催された日本とイタリアの国交樹立150年を記念した「カラヴァッジョ展」が旅の計画のはじまりとなった。

1571年9月ロンバルディア州ミラノで生まれたバロック絵画の巨匠「ミケランジェロ・メリージ」・通称「カラヴァッジョ」は16世紀後期から17世紀初頭にかけて波乱万丈の人生を奔走し、1610年7月トスカーナ州南部で今は高級リゾート地となったポルト・エルコレで熱病のため38歳の短い生涯を終えている。

画像

400年程前に生涯を終えた「カラヴァッジョ」の真贋作品は80点程であり、強烈な明暗法で描かれた写実的な絵画は当時から高い評価を得ていた。素行の悪評から死後その名声は忘れ去られていたが、20世紀に入りマニエリスムを打破しバロック絵画の形成に多大な影響を与えたとして再評価されている。

画像

「ミケランジェロ」以外でイタリア人画家として西洋絵画に与えた影響力が再評価された「カラヴァッジョ」は殺人を犯した画家が?と言う一部の批判の声を消し去り、絵画史上に与えた業績と時代背景等を考慮されて、1994年から2002年までユーロ圏統一前のイタリア通貨の10万リラ紙幣の顔にもなっている。

世界7カ国に散らばるル・コルビュジエの作品群が一括で世界文化遺産に登録されたが、その一つとして国立西洋美術館が日本の近代建築で最初の世界文化遺産となっている。

人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
カラヴァッジョ展〜国立西洋美術館 木と建築への旅〜高橋正勝のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる