横浜銀行協会(旧横浜銀行集会所)

横浜に本店・支店を開設している銀行の親睦の為に建設された集会所である。

この集会所は4代目の建築である。大熊喜邦と林豪蔵の共同設計の作品で1936年(昭和11年)に竣工している。1965年に増築された4階部屋上の手摺が少し気になるところである。建築はほぼ正方形で県庁通り側から見る正面には7本の柱が3階(2本は2階から)まで通り、柱と柱上のテラコッタの飾りが窓の奥行と共にファサードを際立たせている。

画像

古典主義をベースに「アール・デコ様式」を取り入れ、擬石に目地を切りテラコッタを装飾として外装を仕上げている。意匠としては派手さは無く、白壁に茶色テラコッタをパラペット壁上部や中央部分、左右コーナー等に配して視覚的に締め、当時としては気品漂う洗練された建築に仕上げている。

画像

シンメトリーな外観から左側にずらして取り付けられた玄関車寄せ屋根はアールヌーヴォ調の装飾が施された八角形の一本柱が支えている。長方形開口部が外部を占める中、「帆船のレリーフが刻まれた銅製扉」と「玄関正面左手に嵌め込また六角形窓」が床廻りに大理石を貼り込んだ玄関を印象的な空間に創り上げている。

 設計者の林豪蔵は横浜高等工業学校(現・横浜国立大学工学部)教授だったらしい(関連資料が無い)。共同設計者の大熊喜邦は義父である。大熊は1877年に生まれ1903年東京帝国大学工学部建築学科卒業、大学院に在籍しながら横河工務店に入所し実務に関わる。1913年に大蔵省建築部の技師に就き、官庁関連の営繕に生涯を通じ従事する。携わった建築で有名なものは1920年着工の国会議事堂で、矢橋賢吉によりまとめられた計画案の建設に向けた実施設計に関わった中心人物として名を連ねている。大蔵省営繕管財局工務部長に就任し組織を率いて建設を総括し、国会議事堂完成の1937年に辞任している。

人気ブログランキングへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

2009年05月15日 21:16
昔の建物は、頑丈そうにできていますね

この記事へのトラックバック