横浜・蒔田町の家

木造軸組構法で完成間際の新築住宅の検査立会いに行って来ました。

横浜市内東側傾斜の小高い丘に建つ3階建住宅である。写真の東側3階バルコニーや2階リビングや和室からは横浜の象徴であるランドマークタワーやクイーンズスクエア横浜、ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル等が遠望できる。

画像

2階リビング続きにある畳敷き込み前の和室(4.5帖)は床を300上げている。地板は構造用合板24mmとし一部二帖分の地板を八分割し開閉する事で床下の収納場所としている。日頃使用しない物や季節毎に利用する物等の置場になる。

画像

八分割した地板一枚は400x800程の大きさで直径30の穴をあけ取手とし、女性でも無理のない重さで開閉可能である。地板は開閉し易い様に木口面を斜めに面取りとしている。クライアントに試して貰うとスムーズで中々好評であった。

画像

今回の住宅設計では開口部の位置等を隣接家屋や採光等を充分に踏まえ熟慮し決定している。着工前3月11日に発生した東日本大震災の影響で工期が心配されたが、計画スタートから約一年の時間を経ていよいよ完成の時を迎える。

人気ブログランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2011年10月14日 23:32
鈴鹿の森田です。ご無沙汰しています。
連絡いただけませんでしょうか
yasai@peace.ocn.ne.jp です

この記事へのトラックバック

  • エアマックス 2013

    Excerpt: 横浜・蒔田町の家 木と建築への旅~高橋正勝のブログ/ウェブリブログ Weblog: エアマックス 2013 racked: 2013-07-10 05:24