六本木ヒルズ~森ビル

2003年4月にオープン以来東京の新名所と知られる六本木ヒルズのシンボル・太くて高いオフィスビル「六本木ヒルズ森タワー」である。

ワンフロアおよそ4500㎡の貸付面積を持つ地上54階建てのこのオフィスタワーは国内最大の既成市街地再開発事業の中心となった超高層ビルである。事業における施工区域面積はおよそ11.6haであり、敷地内には超高層2棟を含む計4棟の高級賃貸住宅、テレビ朝日、グランドハイアット東京などの高層建築が建ち並んでいる。高層建築で得られた容積分で全敷地の50%に及ぶオープンスペースには広場や歩道、緑地帯を確保している。

画像

1986年から1993年にかけて作成された事業計画は地権者との権利交換交渉や行政サイドとのやり取りで計画規模や配置等が決定されている。構想から実に17年におよぶ開発事業はエベネザー・ハワード提唱の「田園都市」を垂直に展開すると言う基本コンセプトに基づき計画され完成している。六本木交差点から六本木通りを溜池方面に下ると右手には森ビルが再開発し1986年に完成したアークヒルズ(施工区域面積およそ5.6ha)がある。

人気ブログランキングへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

2010年12月31日 12:19
六本木ヒルズは、目立ちますね

この記事へのトラックバック